流通を阻害する漢字混じり文は文明語としては失格じゃなかろうか

外国人は、介護士になるのに漢字という大きな壁がある

日本で看護士や介護士が不足しているから、外国にその人材を求めている記事が昨日の朝日新聞に載っていた。

介護現場、人材確保に期待 言葉の壁に不安 外国人実習生拡大
2016年11月18日05時00分

外国人技能実習生の働く場が、人材不足が深刻な介護にも広がることになった。法案成立を見越して、早くも受け入れ準備を進めている事業所がある一方、言葉の問題で十分なサービスを提供できるか不安視する声も出ている。・・・

 
同じ朝日新聞の過去記事(2016/09/18)にこういうのもあった。

昨年末から夜勤リーダーの見習いが始まった。最初ははりきったが、期待はすぐにしぼんだ。日勤への申し送りは、15分間で入所者42人分の夜間の状況を口頭で伝える。「失禁があって全更衣しました」など日常会話では使わない言葉を早口で言う。発音が悪いと、「何を言っているか分からない」とダメ出しされた。

毎晩残って練習し、3カ月間の見習い期間の最後に臨んだ試験。5人分の状況を伝えるのに10分かかったところで、打ち切られた。

 

日本の国家試験が難しくて、それが壁になっていて、看護士や介護士を断念するインドネシアやフィリピンからの娘さんの嘆息されている新聞記事は、以前にも読んだことがある。猛勉強して、運よく試験に受かったとしても、介護や医療現場では耳で聞いてもすぐに理解できないことばが横行している。そりゃそうだろと思う。「褥瘡」(ジョクソウ)とか「誤嚥」(ゴエン)とかいう漢字の読み書きができないからといって、試験で追っ払っているわけだから。こんな漢字、日本人でも書ける人は100人中1人もいないだろうし、聞いてすぐに理解できる日本人もほとんどいないだろう。

日本人にだってすぐには理解できそうにないよ

「褥瘡」(ジョクソウ)で思い出した。医師面談をしたとき、この言葉をいきなりしゃべった医師がいて、ぼくの頭の中は大混乱した。「ジョクソウ」?。「女糞」(失礼)? それとも・・・、ぼくは自分の頭の中に登録されている単語を探し回り、頭の中を駆け回って、2、3分してようやく「ジョクソウ」が「褥瘡」らしきことがわかった。せめて、NHKのラジオのように、「政府のシサン、試みの計算では・・・」というふうに、資産との同音衝突による誤解をさけるため、大和ことばへの置き換えをやってくれたなら、「女糞」などという不見識な想像もしなかっただろうに。しかし、医師本人にそのことの認識がまるでないから、「ジョクソウ」などと言いづらい音を平気な顔をして発音するので困ってしまう。ぼくにこのことばの意味がわかるかどうか試したのかもしれないが。

ほかにもいっぱいある。たとえば、ソトガワというりっぱな大和ことばがあるというのに、わざわざガイソクという表現に言い換える。外界からの接触を拒むだけの効用しかないのだから、こんなくだらん言い換えはすぐにも止めてほしいものだ。

いっそのことローマ字式日本語にしたらと思うこともある

もし、本気で外国にその人材を求めるつもりがあるなら、こうした、音で聴いてもわからない漢語表現を試験から追放することから始めなければいけないと思う。もう、まったは許されないところまで来ていると、ぼくは思う。試験だけでなくて、この機会にいっそのこと、漢字を全部廃棄してローマ字式日本語に変えたらいいのにとさえ思うこともある。

こう書くと、外国人の便宜のために漢字を追放しろというのは暴論だと言う奴が決まっている。ぼくは外国人の便宜のためだけで言っているのはではない。日本人のために言っている。こんな、正書法もできない出来そこないの表記方法にいつまでも依存していたらダメだと思うからである。聞いたとおりに表記できないのは日本語表記の致命的欠陥である。そのことを下記の梅棹忠夫著「日本語の将来」という本で改めて強く思った。
 


 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


事務所所在地・連絡先

ホームズ調査事務所:
石川県加賀市
電話番号:090-1314-0234

当事務所の立場

突然、交通事故にあわれた被害者は、怪我をされたり、車を破損などされたりして大変なことです。その損害の賠償をしてもらうために、これから、加害者そして加害者側の損保担当者を相手に示談交渉を進めなければならなくなります。しかし、交通事故は人生でそう何度も経験するわけではありません。なにをどのようにしたらいいのか途方に暮れてしまうのがふつうです。

ところが、事故被害者がまず相手にするのが加害者であり、そして、実際は加害者側損保の担当者です。損保の担当者はそのことで生計を立てているいわばプロであり、百戦錬磨で鍛えた知識と経験があります。かたや、知識も経験もほとんどない事故被害者。そんな素人がプロ相手にどのように交渉していったらいいのでしょうか。

交通事故に詳しい弁護士が知人にいるような幸運な方は別にして、たいていの方は途方に暮れてしまうことでしょう。一昔前は、素人とプロの交渉ごとということにふつうはなって、プロの思い描くストーリーどおりに押し切られるのがふつうでした。しかし、ネットが発達した現在、示談交渉を進める上での情報がネットを検索すればあふれかえっています。が、その情報は正しいものもあれば正しくないものもある。玉石混淆です。それらの情報に接した事故被害者にとって、どの情報が正しくて信頼できるのかがまずわかりづらいし、自分だけでは手に負えなくて、調査や交渉ごとをだれかに任せることも時に必要になってきます。が、ネット上には、われこそは事故被害者のためだと謳っているものばかりなので、実際にいったいだれを信頼したらいいのかわかりません。

知識とは中立なものであること

ここで注意してほしいのは、情報の正確さもさることながら、その情報(知識)そのものが中立なことです。

昔、東大卒が多い自民党が間違えるはずがないと豪語している自民党支持者に会ったことがあります。ぼくは苦笑するしかありませんでした。たしかに東大卒は勉強をいっぱいしているわけだから、その知識量も多くかつ正確だといえるかもしれません。ただ、知識それ自体はあくまで中立なものであり、どちらにも役に立つ武器なのです。したがって、その正確でたくさんの知識をどちらの側に使うかにある。わかりやすいたとえ話をしてみましょう。

知識は刀という武器と同じ

hitininnno
その昔、武士という職業が存在しました。この武士は帯刀を許された職業のことであり、刀の専門家です。殿様を頂点にして、殿様に雇用され、殿様を守るために武器である刀の技術を日夜みがいていた。

この武器である刀自体は殿様を守るためにも使えるし、農民に加勢して殿様に刃向かうためにも使えます。しかし、悲しいかな、現実は殿様を守るために使われた例が圧倒的に多く、農民に加勢するために使われた例など不幸にしてきわめて少なかった。ごく稀に後者のような武士が現れますが、こういう武士こそ庶民にとっての英雄であり、「七人の侍」はまさにそのようなタイプの武士たちでした。

利益が一致しているか相反しているかが重要

したがって、問題はその使い手自身にあります。使い手がどちらの側に立つかで知識もそれぞれの側の武器になる。そして、その使い手がどちらの側に立つかは双方の利益が一致するか相反するかでふつうは決まってきます。

この、肝心要のことを説明したサイトが皆無といっていいほどにみあたらないのは不思議なことです(というか、あえて否定しているサイトさえいくらでもみつかるくらいです)。

記事を読んでいただければたちどころにわかることですが、当事務所は「立場」を鮮明にしております。あえて鮮明にしているのは、人間や社会に対する見方は、その人自身の立場から自由にはならないからです。中立を装うことは考察を浅くし、論旨を不明確にする。「立場」のない「立場」などありようがない。当事務所の立場は、ぼく自身が社会的弱者であるため、弱者の立場に徹することです。ぼくのような弱虫は「七人の侍」のようには決してなれないけれど、せめてその心意気だけでも真似して、社会的強者に阿らないようにしたい。そういう気持ちで当サイトをたちあげました。よろしくです。

【当サイトご利用上の注意】

当サイト内の情報を利用したことにより何らかの損害が発生しても、一切責任を負いません。自己責任でお願いいたします。また、記事を書いた後に、法律が変わったりするなど、現状を反映していないことがあります。その後の改正等についてはフォローしていくつもりですが、ご注意ください。

著作権にかかわることですが、当サイトの記事をコピーされる方が後を絶たない。公開した記事なので、コピーしていただくのはまったくかまわない。ただし、判例文のコピーによる引用は別にして、それ以外の文章の引用については、引用元を示したうえで、どこからどこまで引用したかも明示してください。

おすすめ記事

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る