言いがかりをつけてきたり、理不尽な要求をする困った事故被害者たち

困った事故被害者たち

今日はいつもとはちょっと趣向を変えて、これまでに出会った「困った事故被害者たち」の話をしてみようと思う。「困った事故被害者たち」というのは典型的には何でもかんでも要求しないとソンだとでも考えているか、要求すればゴネ得するのだと勘違いしているいわゆるクレーマーのことである。 明らかな言いがかりをつけてきたり、理不尽な要求をしてくる人たちのことである。

どうしてそういう話題を取り上げてみようと思ったかというと、損保示談担当者向けに書かれた「新 示談交渉の技術」というクレーマーに対する想定問答集をたまたま読み返していたからである。この本は「設問」と「答え」という形式で書かれているのだが、その設問の中には、「本当にまったくそうだよなあ」と、示談担当と保険調査という立場の違いはあるにせよ、自分も同じような経験をしたことがあるなあと頷くことしきりだったからである。その「まったくそうだよなあ」と思わせられた設問をご紹介してみたい。

「新 示談交渉の技術」の設問の中から

第一問。保険屋は帰ってくれ。加害者と話をする。

 
これはときどき言われた(苦笑)。この亜流は、お前じゃダメだ。他の調査員にしてくれ。

高級外車を、平地がいっぱいあるにもかかわらず、ボートをとめるような護岸の斜面にわざわざとめて、サイドブレーキを引いていたにもかかわらず、クルマが勝手に動き出し、そのため海に沈没し、車両保険金の請求があった事例。釣りに行ったというから、どんな魚を釣るつもりだったんだと聞いたら「そんなこと、何が関係あるんじゃ。おれ様をだれやと思っておるんじゃ」と逆上した。そのとき言われたのが、「お前じゃダメだ。他の調査員にしてくれ」であった。

それまでは中学校の父兄会の役員をやっている善良な一市民だと自分のことを強調し、標準語の丁寧な言い方だったが、逆上してからは関西弁丸出しになって、ゴリラのような身体を仁王立ちにして怒りだした。何が善良な市民だ。以前は火災で莫大な保険金を手にいれ、次にこの事故。結局こいつはその後覚せい剤かなんかで捕まっていた。自業自得である。
 

第二問。お金はいらん。元の体にしてくれ。これも言われたことがある。この亜流は、お金はいらん。元のクルマを返してくれ。

 
「お金はいらん。元の体にしてくれ」。これは人身事故被害にあった方の切実な要求でもある。だから、否定はしない。しかし、本当にそうなのだろうかと疑わざるをえない事案もないわけではない。

喫茶店で会った若造。伏し目がちにしてオレを怒らせたらどうなるかわからんぞという雰囲気たっぷりのチンピラだった。で、ぼくはそのチンピラの言うことを一つ一つ否定するような発言をしたら、「お金はいらん。元の体にしてくれ」。さらに、(恐れ入ったかという感じで)じゃ、裁判にするぞと言って来た。ヘェ~。このお兄さん、けっこう合法的な考えの持主なんだなあと拍子抜けしたことがあった。

また、第一問で登場した「善良な一市民」に再登場していただこう。この方は、水没した車を元の状態に戻してくれと言ってきた。自分でクルマを海に沈めておいて・・・とまでは言わないが、自分の過失(車を斜面に駐車させた)で海に没したんじゃなかったのか。それとも車が勝手に動いたとでも言うつもりか。いい加減にしてくれよな。

第三問。すぐ来い。これも何度か言われたことがある。一番ひどいのが30分以内でという条件付きである。

 
そんなのは距離からいって物理的に不可能である。第一、ぼくにも予定があるじゃないか。そうは言ってみたものの、相手はまったく承知しない。怒鳴りまくってらちがあかないため、じゃ、今からそっちに行くと返事する。相手の事務所に着き、どんな奴だとお顔を拝見したところ、とたんに、先の勢いはまったくなくなって、ぼくの顔を見てただただ畏まっている。おれってそんなに怖そうか。目つきが悪いから眼鏡をかけろとたしかに以前の上司から言われたことはあるけれどもさ。

第四問。休日あるいは夜間に来てくれ。

 
これもけっこうあるんだよね。というか、相手から夜の10時に来てくれと言われたら、それなら日曜日などの休日はどうでしょうかとぼくの方から再提案していた。ただ、休日は用事があるからといって深夜に訪問する羽目になったことが2、3度あった。一番ひどいのが午前4時。相手は目撃者で、夜間の警備の仕事をしていた方。目撃者はあくまで協力者という立場なので、こちらも強硬な態度に出にくい。それでやむなく応じた。

第五問。加害者は一度も見舞いに来ない。

 
これは困った加害者の例とすべきだと思うんだけれども、被害者からよく言われた。大怪我をして入院しているのに、加害者は保険会社にまかせっきりなのである。その一因は保険会社にもある。被害者とは直接交渉をするなとアドバイスするからである。しかし、賠償面はともかく、事故で怪我をさせた道義的責任があるのだから、何でもかんでも保険会社にまかせっきりというのはダメである。自分のことになるが、ぼくが物損事故を起こしたとき、1回目訪問時に本人が不在だったので、謝罪のため2度訪問している。人を怪我させたら、1度謝罪するくらいじゃすまないだろう。

第六問。休業補償はいいから、代わりに働いてくれ。

 
これもどんな場面だったか思い出せないが、何度か言われたことがある。で、たしか、こんなふうに答えた。いいですよ。でも、それだとぼくは自分の仕事ができなくなるので、代わりに働いていただけますか。

第七問。休業損害は統計の平均賃金でいいから、それで出してくれ。あるいは、3人の扶養家族いるんだから、月に50万円の生活費がかかるのは当たり前だろう。

 
はい、そうしますと言ってしまいそうだが、それだと何のための調査なのかわからなくなる。だから、もちろんそのような提案は認めない。

第八問。通院するから、送り迎えをしてくれ。

 
この種の要求は通常もちろん断っている。ただ、何度も会っていて人間関係ができてしまうと、通院のたびではなくて後遺障害の診断を受けるような特定の1日だけ、たまたまぼくの行き先と同じだったので、送り迎えをしたことがある。横暴な要求をする被害者に対してはこっちもある程度強く言うことがあるが、ふだんから謙虚で、信頼されていると思われる被害者だとそうもいかない。

第九問。ぼくはクルマのプロライセンスを持っているから、コンマ何秒の世界までわかる。と豪語して、発見地点がどこでそのときの速度が時速64キロで相手との相互の距離が20.5メートルで、危険を感じた地点がどこそこ云々(デンデンではない)で、そのときの回避措置がコンマ何秒で左ハンドルを切り、コンマ何秒でブレーキを踏み、制動距離は何メートルで、衝突時の自車速度が時速12キロでなどと薀蓄を開陳する変な事故被害者がいた。

まるでスーパーコンピューター並みの頭脳の持ち主だ。これは想定問答集にあがっていない例だけれども、この場合、どう応答するか。

机上の空論のような返答も

自分の回顧話ばっかりになってしまった。「新 示談交渉の技術」に書いてあったその場合の反撃のための返答についても簡単に触れておきたい。

第一問。この事故の補償は、当社が負担する用意がある。事故当事者同士では感情的になるばかりなので、担当者がなかに入って話をすすめるほうが、スムーズ・・・。

 

第二問。賠償は金銭賠償が原則なので・・・。

 

第三問。 事故の補償のことで一刻を争うようなことはほとんどない。そのような要求はつっぱねる。

 

第四問。休日、夜間は勤務時間外なのでご容赦ください。

 

第五問に対する模範返答は「ご意向は伝えます」。

 

第六問の模範返答は「損害賠償は金銭賠償が原則です。代替労働が必要なときは、その費用としてお支払いします」。

 

第七問については「平均賃金程度の収入があるかどうかは、提出していただいた資料により後日検討します」。

 

第八問の模範返答は「必要な費用は負担しますので、ご容赦願います」。

 

第九問については、こういうやたらに細かく詳しいことを言う奴は、かえって信用できないんだよね。わぁ、すごいですね・・・とか言って適当にやりすごす。

権限のない保険調査員は大変なのだ

どれももっとも回答だし、弁護士や損保査定ならこのように対応してつっぱねることも可能なのだろう。しかし、保険調査員がこんなことを言ったら、保険会社からクレームになりそうな、机上の空論のような回答が多いようにも思える。弁護士も損保査定も権限があるから気楽でいいね。もともと、損保査定に向けての問答集だから、筋違いなのかもしれないけれど。
 

関連記事

コメント

  1. こんばんは。

    最近発売された『Q&A交通事故加害者賠償実務~被害者からの過剰請求対応』(弁護士法人 愛知総合法律事務所編 第一法規)に被害者からの過大請求に対する切り返しが紹介されています。参考にどうぞ。

      • ホームズ事務所
      • 2017年 4月 06日

      luckyさん、コメントありがとうございます。

      >『Q&A交通事故加害者賠償実務~被害者からの過剰請求対応』(弁護士法人 愛知総合法律事務所編 第一法規)に被害者からの過大請求に対する切り返しが紹介されています。

      おもしろそうですね。今月はすでに予算オーバーなので、来月くらいには買って読んでみたいと思います。

      それにしても医学書というのはバカ高すぎますね。200ページほどの本が13000円近かった。この1冊で2か月分の予算を使ってしまいました。中古で買ったのですが、値下がりするのを待とうかとも思ったものの、いつ値下がりするのかかいもく見当がつかなかった。さらに値が上がるかもしれない。もしそうなったら、とてもぼくには手が届かなくなる。というか、諦めがつくからいいのかもしれませんが。

      いずれこの分を回収できたらと思いつつ・・・

      いつも貴重な情報をありがとう。

      それはそうと、luckyさんの最近の記事で、後部トランクに突っ込んだまま亡くなられた子どもの記事がありましたよね。その記事の結びに、保険が使えるのかどうかとしていた記事のことです。たぶん使えないんじゃないかとは思ったものの、その場では正確なところはわからなかったので調べてみたのです。ちょっと時期遅れだったため記事にするかどうか迷っていたのですが、一般論に通じるような書き方にして、記事にできたらと思いました。

      また、コメントしてください。大歓迎です。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


事務所所在地・連絡先

ホームズ調査事務所:
石川県加賀市大聖寺弓町18 グランコート2F
電話番号:090-1314-0234

当事務所の立場

突然、交通事故にあわれた被害者は、怪我をされたり、車を破損などされたりして大変なことです。その損害の賠償をしてもらうために、これから、加害者そして加害者側の損保担当者を相手に示談交渉を進めなければならなくなります。しかし、交通事故は人生でそう何度も経験するわけではありません。なにをどのようにしたらいいのか途方に暮れてしまうのがふつうです。

ところが、事故被害者がまず相手にするのが加害者であり、そして、実際は加害者側損保の担当者です。損保の担当者はそのことで生計を立てているいわばプロであり、百戦錬磨で鍛えた知識と経験があります。かたや、知識も経験もほとんどない事故被害者。そんな素人がプロ相手にどのように交渉していったらいいのでしょうか。

交通事故に詳しい弁護士が知人にいるような幸運な方は別にして、たいていの方は途方に暮れてしまうことでしょう。一昔前は、素人とプロの交渉ごとということにふつうはなって、プロの思い描くストーリーどおりに押し切られるのがふつうでした。しかし、ネットが発達した現在、示談交渉を進める上での情報がネットを検索すればあふれかえっています。が、その情報は正しいものもあれば正しくないものもある。玉石混淆です。それらの情報に接した事故被害者にとって、どの情報が正しくて信頼できるのかがまずわかりづらいし、自分だけでは手に負えなくて、調査や交渉ごとをだれかに任せることも時に必要になってきます。が、ネット上には、われこそは事故被害者のためだと謳っているものばかりなので、実際にいったいだれを信頼したらいいのかわかりません。

知識とは中立なものであること

ここで注意してほしいのは、情報の正確さもさることながら、その情報(知識)そのものが中立なことです。

昔、東大卒が多い自民党が間違えるはずがないと豪語している自民党支持者に会ったことがあります。ぼくは苦笑するしかありませんでした。たしかに東大卒は勉強をいっぱいしているわけだから、その知識量も多くかつ正確だといえるかもしれません。ただ、知識それ自体はあくまで中立なものであり、どちらにも役に立つ武器なのです。したがって、その正確でたくさんの知識をどちらの側に使うかにある。わかりやすいたとえ話をしてみましょう。

知識は刀という武器と同じ

hitininnno
その昔、武士という職業が存在しました。この武士は帯刀を許された職業のことであり、刀の専門家です。殿様を頂点にして、殿様に雇用され、殿様を守るために武器である刀の技術を日夜みがいていた。

この武器である刀自体は殿様を守るためにも使えるし、農民に加勢して殿様に刃向かうためにも使えます。しかし、悲しいかな、現実は殿様を守るために使われた例が圧倒的に多く、農民に加勢するために使われた例など不幸にしてきわめて少なかった。ごく稀に後者のような武士が現れますが、こういう武士こそ庶民にとっての英雄であり、「七人の侍」はまさにそのようなタイプの武士たちでした。

利益が一致しているか相反しているかが重要

したがって、問題はその使い手自身にあります。使い手がどちらの側に立つかで知識もそれぞれの側の武器になる。そして、その使い手がどちらの側に立つかは双方の利益が一致するか相反するかでふつうは決まってきます。

この、肝心要のことを説明したサイトが皆無といっていいほどにみあたらないのは不思議なことです(というか、あえて否定しているサイトさえいくらでもみつかるくらいです)。

記事を読んでいただければたちどころにわかることですが、当事務所は「立場」を鮮明にしております。あえて鮮明にしているのは、人間や社会に対する見方は、その人自身の立場から自由にはならないからです。中立を装うことは考察を浅くし、論旨を不明確にする。「立場」のない「立場」などありようがない。当事務所の立場は、ぼく自身が社会的弱者であるため、弱者の立場に徹することです。ぼくのような弱虫は「七人の侍」のようには決してなれないけれど、せめてその心意気だけでも真似して、社会的強者に阿らないようにしたい。そういう気持ちで当サイトをたちあげました。よろしくです。

【当サイトご利用上の注意】

当サイト内の情報を利用したことにより何らかの損害が発生しても、一切責任を負いません。自己責任でお願いいたします。また、記事を書いた後に、法律が変わったりするなど、現状を反映していないことがあります。その後の改正等についてはフォローしていくつもりですが、ご注意ください。

著作権にかかわることですが、当サイトの記事をコピーされる方が後を絶たない。公開した記事なので、コピーしていただくのはまったくかまわない。ただし、判例文のコピーによる引用は別にして、それ以外の文章の引用については、引用元を示したうえで、どこからどこまで引用したかも明示してください。

おすすめ記事

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る