診察もせず理由さえ示さずに小児性愛障害だと決めつけるな

診察もしないで保険会社に有利なことを言う顧問医は珍しくもないが、この記事で意見を述べている精神科医は、DSM-Ⅴから引用しながら解説しつつ、肝心なこと、小児性愛障害は「男性に限る」ことを省いている。 (1/3) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

DSMはアメリカでできた基準なので、アメリカ人による偏りがあるから、それをそのまま日本に持ち込むことの危険をDSMⅣの監修者であるアレン・フランセスも強調している。ツイートで「男性に限る」としたのもこのアレン・フランセスである。DSMⅤによる「過剰診断」を心配してあえて特記しているのだ。

もし「男性に限る」というのが日本には当てはまらないのだったら、その理由を示すべきだ。当該記事にはその記載が一切ない。単に日本ではごくまれに女性にも患者がいるというだけだ。結果で原因を説明するのはルール違反である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください