最近の記事

  1. tuureito

    2016.8.30

    人身傷害保険におけるむち打ち症の労働能力喪失期間2年について

    ある掲示板を拝見して 以前、ときどき訪問し、何度か書き込んでもいたサイトの掲示…

  2. tyuusyajouooo

    2016.8.29

    駐車場内の交通事故の過失割合と判例

    【photo by Ben McLeod】 新版判例タイムズ過失相殺本に新基準…

  3. ダウンロード (3)

    2016.8.26

    2日前にメールにてご相談いただいた世田谷区在住のMさんへ

    Mさん、お返事遅れてすみません。ご覧になっていますでしょうか。連絡のとりようがな…

  4. accident-reporting

    2016.8.24

    簡裁交通事故訴訟。軽微物損事故は立証が大変だ

    簡裁での交通事故訴訟が急増 交通事故訴訟、10年で5倍に…弁護士保険利用 交…

  5. hokennkinsagi

    2016.8.22

    車両盗難における「外形的事実」についての立証の実際上の困難さについて

    ついに保険金詐欺に関する相談がきた ここ最近になって、これまではまったくという…

  6. roudousyakega

    2016.8.17

    勤務先が休業損害証明書を書いてくれないとき

    休業損害証明書を書いてくれない この前、知人の行政書士さんと話し合っていたら、…

  1. 仕事中の交通事故で、運転手が会社から損害額を全額弁償しろと言われたが・・・
  2. 素因減額における若杉試案・渡辺試案
  3. 「同文同種」だからという理由で、中国人に通訳をつけないのはおかしくないか
  4. 「交通事故の原因の9割は人為的ミスによるもの」はどこまで本当なのか。

ピックアップ記事

supcov

2016.2.9

後遺障害における画像読影ができたらどんなにかいいけれど、それと成功報酬型とは微妙な関係にあるかもだ

画像読影を「売り」にしている先生たち 画像読影・後遺障害という単語でネット検索すると、弁護士や行政書士のサイトがいくつもひっかかる。画像読…

Count per Day

  • 28429総閲覧数:
  • 419今日の閲覧数:
  • 363昨日の閲覧数:
  • 2943先週の閲覧数:
  • 8843月別閲覧数:
  • 21296総訪問者数:
  • 323今日の訪問者数:
  • 284昨日の訪問者数:
  • 1997先週の訪問者数:
  • 6646月別訪問者数:
  • 239一日あたりの訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数:
  • 2016年5月2日カウント開始日:
2016年8月
« 7月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

事務所所在地・連絡先

ホームズ調査事務所:
石川県加賀市大聖寺弓町18 グランコート2F
電話番号:090-1314-0234

元保険調査員2名から始めた共同事務所。調査員時代の取り扱い件数は後遺障害2000件、交通事故5000件。概数ですが、実際はもっとあるかと思います。

電話での問合せについては、事故被害者の方は匿名でもかまいません。ぼくたちは交通事故で「食っていない」アマなので、交通事故で「食っている」プロの方からの問合せについては、せめて名前と現住所をお知らせください。電話番号非開示は一切うけつけません。

後遺障害をふくめた交通事故に関する相談や記事に関する質問・感想等、気軽にご連絡ください。可能な範囲でお答えします。ただし、根拠を示さない批判や記事の削除指示は論外です。

最初、事業をやるつもりで立ち上げてみた当事務所。しかし、いろんな制約があることがわかり、考えが甘かった。そのため、現状、有料業務は一切行っていません。子供もだいたい片付いたし、生計は別に立てているので、あくせくするつもりはない。これまでの経験と知識とを困っている事故被害者のために生かしてみたい。報酬さえ請求しなければ、いろんな制約からも解放される。

カネはいりません。その代わりといったらなんですが、自由にものを言わせていただく。この開放感が実にすばらしい。事業として成功するかどうかよりも、ぼくにとってよほど大切なことです。しばらくは(ずうっとかも)このままボランティアでもいいかなあとまで思うに至りました。そのため、「料金表」も公開の必要がなくなり、閉鎖しました。「事務所の強み」についても売り込む必要がなくなったことから書き改め、近いうちに一新して公開する予定です。

有料でないこととの引き換え条件として、持ち込まれた事故情報の2次使用をお許しください。2次使用といっても当サイトの記事として使うのみです。たとえば質問に対する回答というような記事です。個人名および個人名が特定されるような使い方は一切しません。

当サイトは中国語でも対応可能です。電話でもいいし、メッセージでもよろしい。後遺障害に関する豊富な医療調査経験と中国語対応が可能なところがうちの強みです。電話がつながらなかったら、折り返しこちらから電話することがないため、時間をおいてまたお架けください。電話代だけは申し訳ありませんがそちらで負担してください。

本现场可以用汉语对应、如过在日本有遇到交通事故的无论是中国人还是台湾人、请随时商量、商量的时候、请在网上「留言」。

【当サイトご利用上の注意】
当サイト内の情報を利用したことにより何らかの損害が発生しても、一切責任を負いません。自己責任でお願いいたします。また、記事を書いた後に、法律が変わったりするなど、現状を反映していないことがあります。その後の改正等についてはフォローしていくつもりですが、ご注意ください。

おすすめ記事

ページ上部へ戻る